株式会社ヤマコー

インタビュー

ヤマコーの役割とは?

ITを活用することで業務負荷を50%削減し、お客さまの新しい働き時間を創出する。

例えば介護事業所におけるスタッフの施設入口ドアの話ですと、


・電気錠と連携しているテンキーの調子が悪い。
・辞めたスタッフ、派遣スタッフでも解錠パスワードを知っている。
・10秒かかる入室が毎日10回以上ある。
・両手が埋まっている時のドア解錠に手間がかかる

など、見過ごせばそれで済む困りごとがたくさんあります。

私たちの役割は、見過ごしている困りごとにきちんと向き合うことです。

真剣に向き合っていくと、本質的なことに触れることができます。

このような経験をたくさんしてきました。

そういうことをきちんとしていくことが自分の役割だと考えています。

私たちの役割はお客さまの問題解決について真摯に立ち向かい、努力を惜しまないことです。

interview
ヤマコーはどうあるべきか?

ヤマコーは考え抜ける集団でありたいです。

社会のために働くということは、人々の生活を豊かにするために働くということです。
つまり人のために働くことが出来れば、この上ないベストな状態です。

ヤマコーの社内ではいつもお客さまに関する会話で溢れています。

お客さまの関心ごとや抱える問題や不満にアンテナを張る。そのためにインプットとアウトプットにも手を抜きません。

interview
ヤマコーのこだわりとは?

私たちのこだわりは、行き過ぎないフィットする提案です。
モノが溢れすぎていて、インターネットで簡単にモノが買える時代。モノを活用して何かを成し遂げることには変わりありません。

私たちが提供するモノは「購入してもらう」というより、「雇用してもらう」という感覚に近いです。

生産人口減少という背景がありながらも、この感覚を大事にすることで、提案をご採用いただけることが増えました。

必ず成果を上げ、確実に未来に繋がる支援を致します。