株式会社ヤマコー

インタビュー

                   
ヤマコーができることとは?

シンプルですが、「お客さまのことを考え抜く」ということに尽きます。

わたしたちの営業はみなさんが想像する営業ではなく、アドバイザーに近いです。買い手と売り手のフィット感のある関係性を重視しているからこそ、買い手にとって必要な情報提供が無意識に出来ていることがベストです。

なぜかヤマコーに相談してしまう、これが最高の状態ですね。

interview
「モノ売りに革新を」とは?

これは自分たちのあるべき姿の言語化です。

わたしたちは電話コールもネット販売もしません。
特定のお客さまへモノが売れ、導入され、運用されたその先の未来に注目することを重視しています。

「結局、どう便利になったの?」
「こう工夫すれば、より良くなるのでは?」
「この内容であれば、あそこのお客さまも喜んでくれる?」

商売の中心に据えるべきはモノではなく、常に人です。
人のために、購入プラン・導入運用・最適コスト・業務工数最小の道を模索し、必要であればモノの開発にも携わります。真面目に探究し、真面目にやり続ける姿が、モノ売りに革新を起こす会社の姿ではないかと考えています。

事業について

技術の進歩、市場の声からも顔認証システムは可能性の塊であると感じています。

顔認証の得意なことは、「個人を識別する業務をカンタンにすること」です。
わたしたちの主な販売先は老人ホームが圧倒的に増えてきました。働くスタッフさまへの想いが強く、安心で安全な施設作りを追求されている事業者さまが多い点が、特徴です。

下記のようなお声をいただいた老人ホームには、顔認証が活用されています。
・離設欲求が高い方の安全を自然な状態で守りたい。
・働くスタッフさんのお仕事をITでもフォローしたい。
・特定のドアは電気錠を連携させ、出入の管理・運用の徹底したい。

お陰さまで、そこにわたしたちの強みである「柔軟性」が受け入れられています。
・24時間365日 連絡を受けられる関係性の構築。
・下見をせずとも工事費込みの限界価格提示に挑戦。
・監視カメラ、電気錠もまとめて施工。

相乗効果を生む商材・サービスとのコラボレーションもリリース予定です。
やれることを一つずつやっていきます。

interview